» 2015 » 11月のブログ記事

自分のふるさとじゃなくても好きな地域に寄付をすればいい

年々盛り上がっている、ふるさと納税。応援したい地域に寄付すると、自分が住んでいる地域へ納める住民税の一部が税額控除される制度です。たとえばある地方の市に1万円寄付すると、税額控除により実質負担額は2000円となり、さらに寄付した自治体から5000円程度のお礼の品が送られてきて、しっかりモトがとれてしまうのです。(ただし詳細な控除額は自分の所得などによって変わります。)


2015年から確定申告が不要になり、さらに便利に!

ふるさと納税は確定申告が必要でしたが、2015年から5件までは申告不要となりました。「お肉」「鮮魚」「お米」などが人気ですが、保存を気にしなくてもいい「お茶」「お酒」「雑貨」などもあり、各地域ごとにさまざまな特産品を提供しています。


1年に1度はふるさと納税!

ふるさと納税は個人の所得その他によってお得に寄付できる金額が変わるので、年末が近づいてその年の所得がわかった段階で駆け込み寄付をする人が多くいます。1年に1度、自分の所得をチェックできるいい機会にもなるので、ふるさと納税の制度をぜひ利用してみましょう!