» 教育のブログ記事

来年早々に受験を控え、中学三年生の娘は今、受験勉強に明け暮れる日々を送っています。少子化時代とはいえ、やはり志望校に入学しようと思うなら、それなりの勉強をしておかないと試験に受かることはできません。1年と2年の頃は、クラブ活動に頑張っていたので、勉強は二の次になっていましたが、3年生になってからは塾にも行き初め、夏期講習にも参加させるなどしていました。受験まであと少しとなり、親子ともども緊張感を持って毎日過ごしています。

塾の方でも、何度か模試を受けており、3年生になってから勉強をし始めたとはいえ、なかなか良い結果をだしているので安心しています。学校で行われた模試でも良い成績をとっていたので、担任の先生にも太鼓判を押されました。学年で3位にはいったとかで、辞書をもらって帰ってきており、本人も自信をつけたようです。個人競技のクラブ活動をやっていたせいか、負けず嫌いなところがあり、模試のように順位のわかるような物には、やる気がでるタイプなのかなと思いました。このままのやる気を続け、勉強に励んでほしいです。

あと、もう1度ぐらい模試を受ける予定なのですが、だいたい学力もわかったので、あまり気にしていません。本人が、テスト慣れしてくればいいと思って受けさせています。受験当日に緊張して、気分が悪くなりテストができなくなるという子もあるようなので、慣れは必要かなと思います。とにかく、本番まであと少しなので、頑張ってもらいたいです。