貯金も大切だが、投資はできるだけ早く始めるべき!

雑誌の特集などで、若い世代に向けて、「まず100万円貯めよう」というフレーズがよく出てきます。でも、今は個人が資産運用をすることが欠かせない時代だから、100万円貯まるのを待たずに「10万円ほど貯まったら、1000円からの投資にチャレンジ」することをおすすめします。


「生活費と余裕資金を分ける」という原則を守ればOK

今は、「数千円程度で買えるミニ株」「1000円で買える積み立て投資信託」「1000円で取引できるFX」など、少ない資金でも投資できる機会があります。10万円貯金を持っていたら、その一部を使って投資をしてみましょう。大切なことは、生活費と投資に充当する資金を線引きすること。このルールされ守れば収入が少ない人でも株やFXにチャレンジできます。


投資に大切なものは「経験」と「時間」

できるだけ早く、若いうちから投資を始めるべき理由は2つあります。第一には、投資には失敗も含めた経験を積んでいくことが有効だから。第二には、ローリスクな投資商品を長期に保有すれば、時間とともに着実に増えていくからです。自分に合った投資商品を見つけることも大切です。リスクをうまくコントロールしながら、さまざまな投資を体験していきましょう!