FXも株も、同じようにリスクがある投資商品

サラリーマンや主婦の間で、資産を増やすために株取引をする人に加えて、最近はFX取引をする人も増えています。「FXと株、どちらが簡単?」とか、「どちらが儲かる?」とかはもちろんありません。どちらも同じようにリスクがあり、一方で儲けるチャンスがあります。でも、「FX取引のほうがメリットがある」といえることがひとつだけあります。


FX投資は「雑所得」だから必要経費が認められる

税法上、株での利益は「譲渡所得」であるのに対して、FXの利益は「雑所得」となっています。雑所得ではそれを得るために要した支出が必要経費として認められます。具体的には「パソコン」「通信費」「交通費」「セミナー受講費」「書籍代」などを経費にできます。


サラリーマンの憧れる「経費」処理ができる!

株取引では売買手数料くらいしか経費になりませんが、FXなら「経費で落とせる」支出が増えます。サラリーマンなら自営業の友達が領収書を切っているのをうらやましく思った記憶があるはず。でもFX投資で利益を出せば、サラリーマンだってパソコンや通信費を経費として計上することができる。これは株取引にはない、大きな魅力といえるでしょう。