2015年10月から、マイナンバーが通知されます

マイナンバー制度がいよいよ実施されます。日本国民全員が自分のナンバーを認識し、勤務先や税務署などにそれを提示することになります。マイナンバーの通知は2015年10月から国民全員に郵送で行われ、マイナンバーの実際の運用は2016年1月から始まります。


勤務先、年金給付、証券会社や保険会社などで必要

2016年から、勤務先にもマイナンバーを提示が必要です。年金の給付、納税などのほか、株などの取引口座でも提示を求められる予定です。マイナンバーが記された郵便物は重要書類なので、かならず確認して大切に保管しましょう。


マイナンバーは厳重に管理!

マイナンバーには「年金」「納税」など重要な情報がひもづけられているので、盗まれたりしたら大変です。他人に知られないように厳重に保管しましょう。そして、マイナンバーの提示を求められた場合は、慎重に情報開示の相手を確認しましょう。