仕事がデキる人は、朝食や昼食を抜いていることも多い

成功している経営者の食生活をきいてみると、「朝食は野菜ジュースだけ」「ランチは食べない」「夕食は半分」などの生活をしている人がかなりいます。ベジタリアンで食べる量自体がとても少ない人も多いです。「一日に3回食事する」というのは、単なる習慣のひとつにすぎないのです。


自分に合った、スリムな食生活を試してみては?

平均的な日本人は飽食、つまり、やや栄養過多の状態です。まずは「毎日3回食事しなくても別にOK」という前提で、食べたくなったときに食べたい量だけを注意深く食べてみましょう。そして、自分に合ったスタイルで「食生活のスリム化」をしてみませんか?


自分に合ったスタイルで続けることが大切

例えば夕食抜き、または夕食をごく軽めにすると、ダイエット効果抜群で、夜の眠りは深く、朝はスッキリ早起きができるといわれています。ただし効果には個人差があります。「やっぱり一日3回の食事がベスト」という人ももちろんいます。無理をせず、自分に合った方法で実践することが大切です。朝食・昼食・夕食のうちどれかひとつでもスリム化すれば、お金が節約でき、自由な時間が増えて、ダイエット効果や健康効果もアリ、といういいことずくめです。