| 金融 |

手痛い損をしてそのまま株やFXから遠ざかる人が多数

ネットで株やFXの取り引きが手軽にできるようになり、ネット証券などに口座を持ってチャレンジする人は多いのですが、そのうちの何割かは着実に離脱していってしまいます。たいていは思うように取引できず損失を出して、そのまま取引から遠ざかるパターンです。


「失敗は当たり前」と思って続けることが大事

名だたるトレーダーでも必ず失敗した経験がありますが、成功している人は「失敗から学ぶ」という姿勢を持っています。株やFX取引で成果を出したいなら、失敗を冷静に分析して自分の取引手法を改善し、次のチャレンジに役立てる「トライアンドエラー」が大切です。本を読んだり他の人の話をきいたりして、本気で勉強した人は次に成功します。


生活資金で投資をしないことも大切

もう一つのパターンとして、過去に「自分に必要な生活資金までリスクのある投資商品につぎ込んでしまった」ために投資に懲りてしまっている人もいます。投資は必ず自分の生活費とは別の余裕資金の範囲で行いましょう。リスクを避けることはできなくても、リスクを限定することはできるし、とても大切です。